教授・医局長あいさつ

greeting

主任教授
風間順一郎

医局を結束させる原動力は、夢であり、目標です。

メッセージ

message

大学の医局というとどんな印象をお持ちでしょうか?古くは山崎豊子の「白い巨塔」に見られる厳格なヒエラルキーや、最近ではドクターXでやたら「御意っ!」と叫ぶ提灯持ちの医師たちを思い浮かべるかもしれません。残念ながら、そういう漫画のような古い体質を残す医局は、今日では探してもなかなか見つからなくなりました。もちろん福島医大腎臓高血圧内科学教室にそのような雰囲気は微塵もありません。
医局とは若い医師が医学や社会や人間を学んで、自ら研鑽する場所です。好きでそこに所属しながら、夢や目標を持ち、個人が一人で頑張れる以上の成果を求める集団。時に切磋琢磨することもありますが、むしろ多くの場合は協調しながら支えあう。それが今日の医局です。近いイメージとしては学生のクラブ活動ではないでしょうか。そんな中で暮らしていると、個人レベルだけでなく集団・社会レベルの幸せにも関心が向いてしまい、人によってはそこにより大きな価値観を見出していきます。それは決して前時代的な忠誠心からではありません。

そんな医局を結束させる原動力は、夢であり、目標です。もはや個人のカリスマで医局をまとめ上げる時代ではありません。福島医大腎臓高血圧内科学教室の医局員が共有する夢は、慢性腎臓病の進行を食い止めることと、腎死に至った患者の生活の質を改善すること。でもそれだけではありません。一人一人はこれに加えてユニークな夢を抱いています。高血圧のない社会を作りたい、脆弱性骨折を防ぎたい、体液環境を維持して合理的な全身管理をしたい、組織形態から腎疾患を追求したい、尿毒症病態を解明したい、資格を取りたい、コミュニケーションの達人になりたい、健康管理を通して地域の活力を支えたい等々。医局の役割は、それらの夢に道筋をつけ、具体的なプランにしていくことです。そのスキームの上で一人一人が努力を重ねることで、初めは漠然としていた夢も、くっきりと輪郭の鮮やかな現実へと変貌していくのです。

風間順一郎 メッセージ

だから夢や目標を持たなければ医局の生活は意味がありません。医局の主役は研修医であり、専攻医であり、大学院生なのです。若者は夢を持つ。夢を持ち続ける限り若者でいられる。そんな若者たちが夢に没頭できる環境が医局です。小さく打算的にならず、大それた野心を抱いて、明るくおおらかに邁進していく。
福島医大腎臓高血圧内科はそんな集団でありたいと願っています。

出身大学
新潟大学
専門分野・資格
日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医、日本骨粗鬆症学会認定医
研究テーマ
尿毒症の病態解析、新規血液浄化療法の開発、骨ミネラル代謝
経歴
新潟大学歯学部に国内留学
メルボルン大学聖ヴィンセント医学研究所に国外留学
栃木県下都賀総合病院透析室長
新潟大学医歯学総合病院高次救命災害治療センター副センター長
同血液浄化療法部副部長を歴任

医局長
林 義満

全身を診る内科医として診療に反映できる自負があります。

メッセージ

message

本学の講座再編成により、2016年内科は診療科別に細分化され以前の腎臓高血圧内分泌代謝内科学講座(第三内科)という長い名称から腎臓高血圧内科と糖尿病内分泌代謝内科の2つの講座に分かれて新しくスタートしました。内科細分化には知識や経験が偏りがちになることはむしろ弊害となる部分もありますが、腎臓高血圧内科は引き続き糖尿病内分泌代謝内科と一緒に診療カンファランスも継続し、糖尿病や内分泌の知識も日々アップデートしています。日本における死因別死亡率第一位は悪性新生物ではありますが、その次には心疾患、肺炎、脳血管疾患と続きます。心疾患と脳血管疾患は高血圧や糖尿病の合併症の一つでもあり、たとえ死亡しなくてもQOLやADLを低下させるだけでなく、ひとたび発症すれば急性期を乗り越えたとしても長期予後は不良です。そのため初期から血圧や糖代謝が適切に管理し合併症を発症させないことが求められます。高血圧や糖尿病は内服薬でそれなりに治療できるのだから、わざわざ専門にしなくても診療できると思われがちですが、それなりの治療でそれなりの合併症を発症させては患者も困ります。地味ではありますが内科として基本的な高血圧・糖尿病を深く理解し診療に反映できるのが我々の診療科であると自負しています。

しかし、若い医師にとっては地味な診療だけでは満足できない時期があるでしょう。我々のもう一つの専門には腎臓があります。年間100例は腎生検を行い、病理的な根拠と合わせネフローゼや腎炎の診断に結びつけ加療をしています。不幸にして腎不全となってしまった場合でもICUでのCHDFから維持透析療法としての血液透析や腹膜透析の管理まで行い、患者を少しでも社会復帰できるように治療しています。腎臓専門医や透析認定医としての症例も十分経験できますが、救急に追われるばかりではないので、学生の頃苦手だった腎臓領域もじっくり全身の中の腎臓として研修でき、腎臓の謎が解けていきます。

林 義満 メッセージ

さらに我々には中央診療部として人工透析センター(血液浄化療法部門)があります。他の施設での透析患者が当院に手術などで入院した際の透析対応やアフェレーシス等を行い、大学病院としては重要な業務ですが、勤務時間が比較的一定で安定しており、女性医師の妊娠や子育てしながらキャリアを積むには働きやすい部署です。
このように我々は内科としての基本的な部分と腎臓に関しての専門家であり、ワーク・ライフバランスも良好な職場ですので興味を持った方は是非見学に来て下さい。スタッフ一同お待ちしております。

出身大学
福島県立医科大学
専門分野・資格
総合内科専門医 腎臓専門医
研究テーマ
慢性腎臓病の進行とインスリン抵抗性の関係 腹膜透析
経歴
千葉県匝瑳高校卒
福島県立医科大学卒・同大学院卒
腎臓・高血圧内科学講座 講師